親が子供にできる事

こんにちは。

今日は親と子供の話。

ご自分の事業を継がせたい。
自分がなれなかったプロ野球選手にしたい。
あるいは、自分のような思いはさせたくない。

親は勝手に子供に思いを託します。

かくいう私も「メジャーリーガーになって!!」なんてたまに半分冗談で言ったりします。

子供の人生は子供のもので、親と子供は別人格。

理屈ではわかっているけどね(笑)

でも本当に心から願っている事は「自分の人生を自分でデザインして、後悔のない納得感のある人生を歩んで欲しい」という事です。

だから「メジャーリーガーに・・・・」って言ってしまった後は、「でもね・・・・」って言葉でそれを伝え続けています。

「それはキレイ事だ」「理想論だ」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

自分で苦労して立ちあげた会社を他人に渡したくない。

代々医者の家系で、他に選択肢はない。

生活はどうすんだ。

そう考えるのは当然の事です。

でもあえて言うならば、全ては親の価値観の中の話で大半はエゴです。

本当に後を継がせたければ、できることは一つだけ。

それは「カッコ良い親」になる事です。

もっと言ったら「カッコ良く生きる努力をし続ける」という事。

身近な大人である親が輝いて見えるよう、子どもに接してゆく事。

だから、仕事つまらなそうにしてたらダメなんです。

毎日文句ばっかり言ってたり、愚痴こぼしていたらダメなんです。

自分の仕事にプライドを持って、どんなに素晴らしいことをしているかを伝える事です。

そうしたら、勝手に「親のようになりたい」って思うはずです。

でも、大人になるまで時間があります。

どうか子供にとっての太陽であり続けてください。

4の字固めと思い込み

■プロレス好きではない方も「4の字固め」という技の名前はお聞きになったことがあると思います。

プロレス中継が盛んだった頃、ザ・デストロイヤーというプロレスラーが人気で、彼の必殺技が4の字固めでした。
4の字固めはあっという間に国民の間に広がり、コブラツイストなどと同様、子供達が学校で技の掛け合いなどして遊んだものです。

その4の字固めですが、当初は、一度掛かると掛けた本人も外せないというギミックが常識になっていて、外すときは決まって、
若手のレスラー達が束になって外すという演出が真実感を煽っていました。

自分で掛けた技なのに自分で外せない。

今から思うと滑稽なのですが、プロレスの凄さを表現する演出効果としては抜群でした。

ところで、4の字固めは簡単に外せても、人間にはもっと身近に「外すことが難しい厄介なもの」があります。

それは何でしょうか?

答えは「思い込み」や「先入観」です。

■思い込みや先入観は、じっくりと時間をかけて形成されるものなので、なかなか自分で外すことは難しい。

4の字固めのように簡単には外れません。

なぜかと言うと、裏に「感情」が隠れているからです。

人はロジカルに物事を考えると思いがちですが、じつは「感情」に大きく左右されます。

それは、変化を恐れたり、嫌ったりする感情です。

自分が経験していない事、知らない事に対する恐怖が無意識のうちに働く。

つまり、自分を否定される事を恐れるからなんです。

しかし、この思い込み、先入観は、チャンスを奪ったり、パフォーマンスを著しく落とし、

自分にも人にもダメージを与える可能性があります。

そして、これは必ずどんな人にも備わっています。

中々自分で外せない「思い込み」や「先入観」。

健康診断だと思って一度チェックされることをお勧めします。

きっと、あなたも周りにいる人も楽になるはずです。

興味関心がありましたら、ぜひ一度お問合せ下さい。

coach-no1.pleasure@juno.ocn.ne.jp

第15回 目から鱗!! 会社を成長させたい経営者・エグゼクティブ向け経営加速化セミナー

経営者・エグゼクティブの皆様!!以下の内容に心当たりがあれば、このセミナーはあなたの為のセミナーです!!!

<以下に当てはまることがある!!>

■自分の力で今の会社を作ってきた自負がある
■自分がもう一人いればといつも思う
■昔から抜群の行動力で結果を出してきた
■何でも思い通りになってきた
■思考も決断も行動も早い
■周りの人からから「凄い!!」と言われている
■自分に対し絶対的な自信がある
■早口で歩くのも早い
■頭が切れると良く言われる
■自分の考えた通りやれば結果はついてくる

■はっきり言って、自分は優秀だ

<でも、最近こんなことを感じている>

■部下に対し、こんな簡単な事がなぜ出来ないのか?と思う
■初めて壁にぶち当たっていると感じる
■人を使い始めてから、フラストレーションがたまっている
■自分と部下の意識、能力のギャップに悩んでいる
■信頼できる部下がいない
■部下に対しては割り切りが生まれているが、納得できていない
■何かを変えないとだめだと漠然と感じている
■会社が自分の思い通りにならなくなってる
■周りから、人がどんどん離れてゆく
■実は孤独で、時々不安になる
■自分の期待通りに会社が成長していない
■家庭に悩みと問題を抱えている

あなたは恐らく自他ともに認める優秀な方だと思います。ですが、優秀だからこそ「ものの見方」「考え方」そして「人の感情」と言う点において「死角」ができることが多々あります。
それは、思考や判断、行動のスピードが速いからなんです。高速で走る車の視界が狭くなるように、周りの景色にある情報が置いてきぼりになります。
経営加速セミナーはそんな経営者・エグゼクティブの方々が多くの気づきを得て、さらに一段階経営を加速していただくためのセミナーです。

<セミナー概要>

①優秀な経営者・エグゼクティブが感じる違和感の正体

②人は「り」では動かない

③過去と他人は変えられないのウソ

④組織のパフォーマンスを決定づける要因

⑤組織のパフォーマンスを劇的に向上させるには?

⑥NO.2の立ち位置

⑦部下の成長を見える化するパーソナルパーの考え方

⑧会社成長力向上の方程式

終了後近くの居酒屋で熱く語る懇親会

<お申込>
http://www.kokuchpro.com/event/5ebc908273cdfb3c995fa32f3bd6ce15/
<日程・会場>
2017年4月27日(木)
秋葉原 ㈱ケープロジェクト セミナールーム
東京都千代田区外神田3-14-3福栄秋葉原ビル8階 
料金:2,000円

<ナビゲーター>

青木 栄明 新潟県長岡市出身 山本五十六さん、櫻井よしこさんの後輩(長岡高校)
明治学院大学法学部卒業後、山水電気、ワコール、コスモ石油で勤務し、おもに営業とマーケティング、コンサルティングセールスとして勤務。
後にファミレスや小売業のマネージャーとして部下育成、アルバイト育成に実績を残す。
特に若者の自主性を伸ばす教育で、店長不在でもレベルの落ちない店舗つくり実現し、400店を超える全国チェーンの中でTOP20以内に4店舗が常時ランクイン。
現在は、プロのビジネスコーチとして企業経営者を対象にしたエグゼクティブコーチングや幹部社員向けのリーダシップ研修を提供しているほか、スポーツ・芸能の分野にもミッション実現のために活動フィールドを広げている。

ICF(国際コーチ連盟)認定ACCコーチ GCS認定プロフェッショナルコーチ。
株式会社プレジャーポケット代表取締役

ミッションは「カッコよい大人を増やすことで子供たちが早く大人になりたい思う社会創りに貢献し、誇りを持てる日本を取り戻すこと」
夢は「義務教育にコーチングを導入する」こと

<著書>「サラリーマン店長が成功するためのパート・アルバイト戦力化マニュアル」