プロビジネスコーチ青木栄明の想い

「プロビジネスコーチ青木栄明の想い」 大切な仲間達との別れで芽生えた気持ち

私がプロのビジネスコーチとして、活動している理由は、生きている喜びを沢山の人に味わってもらいたいからです。

生きている喜びと言うのは人によって違うかもしれないけれど、「自分の人生を生きている」と感じられる事はとても幸せなことなのではないかと思います。

言い方を変えると「自由」ってことです。

私たちは、本当は一人一人が自由に生きれるはずなんだけれど、自信がなかったり、勇気がなかったり、もっと言うと自分のことがわからなかったりで自分の心をごまかして、現実とうまく折り合いをつけて生きています。

でも、思うんです。

いつ死ぬかもわからないのに、そんな生き方をして後悔しないのか?

依然読んだ本に書いてあったのですが、人が死ぬときに一番後悔する事は「もっと、やりたいことにチャレンジすれば良かった」であるという事を知って、やはりそうかと思いました。

と言うのも」、私は今まで4人、大切な友人を亡くしています。

みんな、生きる事に貪欲で「もっと、もっと、やりたいことがいっぱいあった人達」です。

幸い、私は今現在健康で(多分)何でもやろうと思えば、やれる環境にあります。

もちろん、家族を養ってゆくという責任はありますが、自分の自由に人生を賭けるだけのパワーがあります。

なので、私にチャンスがいっぱいある以上、やりたい事を見つけ、挑戦し続けてやろうと思っています。

その私は今、プロのビジネスコーチと言う仕事をしています。

それも50歳を過ぎてから始めた仕事です。

22歳から社会に出て、サラリーマンとして、まったく違う業種の会社を4社経験して、まったく違う職種の仕事をしてきました。

独立をしてからも、経験のない印刷や看板を扱い、10年以上たってから、コーチング、人材教育の世界にはいってきました。

人から見たら、無駄な、寄り道をいっぱいしてきたかもしれませんが、すべては、自分を知るため、今につながるために必要な経験だったのです。

そして、今、私が、やりたいこと。

それは、自由なビジネスマンを沢山、世に輩出してゆく事です。

しっかり、顔を上げて、前を歩く大人を増やしてゆくことです。

そのためには、自分がそうありたいと思って、自分らしく生きる事を実践しています。

いつでも会社に退職届を出せるビジネスマンになる為のステップ