キンコーズ渡辺社長が語ったコーチングの真髄

以前お伝えした通り、

オンラインイベントでキンコーズの渡辺社長と対談しました。




渡辺社長は一年間、コーチングを受けた後、

現在、ご自身もコーチングを学んでおられ、
幹部社員との定期的な1on1によって、
会社の風土を自ら変えてゆく活動をされています。
なぜ、渡辺社長がここまで

コーチングに惹かれていったのかという事ですが、


コーチングを受けてみて、

コーチングの真髄に触れることができたからだそうです。





その真髄とは何かというと「自分をエグル」という事だそうです。




「自分をエグル」とは、もしかして「ドM」?
と思われたかもしれませんが(私だけか?)、そうではなく、
自分自身と「とことん向き合う」という意味です。




改めて、「自分をエグル」という言葉をかみしめてみると、

「コーチング」の核心を突く、素晴らしい表現だなと感じました。



一般的に経営者の方々にコーチングをお勧めした時に還ってくるのは、
「何をしてくれるの?」または「何をされるの?」


もっと言うと「なんで、私がコーチをされなきゃいけないの?」
と言う反応です。



これは、従来のスポーツコーチ等による上下関係のイメージが強いのと
「コーチング」を言葉で説明するのが難しいので
誤解されやすいという事が原因だと思われます。



また、何をやるかは理解できたとして、

自分で自分をエグルのに
なんでわざわざ他人にお金と時間を投資しなくてはならないの?というのも
良く抱かれる疑問かもしれません。




ですがここに「コーチ」をつけることの意味があります。




どういうことかと言うと、

自分だけでは自分をエグレないからです。


と言うのは、私たちにはそれぞれ、考え方や思い方に「癖」があり、
何も刺激がないと一定の枠の中で思考するようになり、

固定しがちになるからです。
そして、その「癖」は自分を無意識に正当化する「癖」であり、
自分を守るための「癖」でもあります。

なので、時折コーチを使って、

本当にそうなのか?なぜなのか?他にはないのか?を
深く掘り返して思考したり、
「ここはどうなの?」「どう考えているの?」

「あなたが相手の立場であったら、どう思うだろうか?」など
視点を変えてもらう事によって、



その人が居る「安心領域」から引きずり出してもらう事で

視野が広がり、今まで「見えていなかった」、
あるいは、「見ようとしていなかった」発見があり、

結果として最適な判断ができるようになるのです。



勿論、セルフコーチングと言って、

自分で自分をコーチすることもそれはそれで有効ですが、

やはり、限界があります。




なぜなら、先ほどお話しした通り、

人間には自己防衛本能があり、





本当の意味で「自分が見失っていたもの」
「見たくないもの」に到達することが不可能に近いからです。




したがって、客観者であるコーチがエグル材料を提供することは、

一人ではたどり着けない
答えを導くうえで大きな意味があります。





しかし、経営者の方々は総じて多忙です。
とてもじゃないけれど、

コーチングのために時間は取れないよというのも理解できますが、





多少、無理してでも

「定期的に立ち止まった方が結果として早くなる」事も多く、
新たなフェーズに向かう上では




「コーチを使う」という事にチャレンジをしてみる価値は

十二分に「ある」のではないでしょうか?



ちなみに、渡辺社長ですが、

次にどんなコーチをつけたいか?という質問に対して
「子供も良いかも」とおっしゃってました。



子供なのでコーチングのスキルはないけれど
曇りのない目で見て、素朴に感じた疑問をぶつけられたら、
何か、新しい気づきが得られるのではないか?

と思ったそうです。
それを聴いて思い出したのが

以前お聞きした、ソフトバンクの孫さんのお話です。




孫さんはなんとコーチを7人つけていて、
そのうち一人は女子大生コーチだというお話でした。


コーチングの真髄を理解しているからこそ
出てくる発想ですね。



さすがです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA