pleasurepocket のすべての投稿

親が子供にできる事

こんにちは。

今日は親と子供の話。

ご自分の事業を継がせたい。
自分がなれなかったプロ野球選手にしたい。
あるいは、自分のような思いはさせたくない。

親は勝手に子供に思いを託します。

かくいう私も「メジャーリーガーになって!!」なんてたまに半分冗談で言ったりします。

子供の人生は子供のもので、親と子供は別人格。

理屈ではわかっているけどね(笑)

でも本当に心から願っている事は「自分の人生を自分でデザインして、後悔のない納得感のある人生を歩んで欲しい」という事です。

だから「メジャーリーガーに・・・・」って言ってしまった後は、「でもね・・・・」って言葉でそれを伝え続けています。

「それはキレイ事だ」「理想論だ」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

自分で苦労して立ちあげた会社を他人に渡したくない。

代々医者の家系で、他に選択肢はない。

生活はどうすんだ。

そう考えるのは当然の事です。

でもあえて言うならば、全ては親の価値観の中の話で大半はエゴです。

本当に後を継がせたければ、できることは一つだけ。

それは「カッコ良い親」になる事です。

もっと言ったら「カッコ良く生きる努力をし続ける」という事。

身近な大人である親が輝いて見えるよう、子どもに接してゆく事。

だから、仕事つまらなそうにしてたらダメなんです。

毎日文句ばっかり言ってたり、愚痴こぼしていたらダメなんです。

自分の仕事にプライドを持って、どんなに素晴らしいことをしているかを伝える事です。

そうしたら、勝手に「親のようになりたい」って思うはずです。

でも、大人になるまで時間があります。

どうか子供にとっての太陽であり続けてください。

4の字固めと思い込み

■プロレス好きではない方も「4の字固め」という技の名前はお聞きになったことがあると思います。

プロレス中継が盛んだった頃、ザ・デストロイヤーというプロレスラーが人気で、彼の必殺技が4の字固めでした。
4の字固めはあっという間に国民の間に広がり、コブラツイストなどと同様、子供達が学校で技の掛け合いなどして遊んだものです。

その4の字固めですが、当初は、一度掛かると掛けた本人も外せないというギミックが常識になっていて、外すときは決まって、
若手のレスラー達が束になって外すという演出が真実感を煽っていました。

自分で掛けた技なのに自分で外せない。

今から思うと滑稽なのですが、プロレスの凄さを表現する演出効果としては抜群でした。

ところで、4の字固めは簡単に外せても、人間にはもっと身近に「外すことが難しい厄介なもの」があります。

それは何でしょうか?

答えは「思い込み」や「先入観」です。

■思い込みや先入観は、じっくりと時間をかけて形成されるものなので、なかなか自分で外すことは難しい。

4の字固めのように簡単には外れません。

なぜかと言うと、裏に「感情」が隠れているからです。

人はロジカルに物事を考えると思いがちですが、じつは「感情」に大きく左右されます。

それは、変化を恐れたり、嫌ったりする感情です。

自分が経験していない事、知らない事に対する恐怖が無意識のうちに働く。

つまり、自分を否定される事を恐れるからなんです。

しかし、この思い込み、先入観は、チャンスを奪ったり、パフォーマンスを著しく落とし、

自分にも人にもダメージを与える可能性があります。

そして、これは必ずどんな人にも備わっています。

中々自分で外せない「思い込み」や「先入観」。

健康診断だと思って一度チェックされることをお勧めします。

きっと、あなたも周りにいる人も楽になるはずです。

興味関心がありましたら、ぜひ一度お問合せ下さい。

coach-no1.pleasure@juno.ocn.ne.jp

第15回 目から鱗!! 会社を成長させたい経営者・エグゼクティブ向け経営加速化セミナー

経営者・エグゼクティブの皆様!!以下の内容に心当たりがあれば、このセミナーはあなたの為のセミナーです!!!

<以下に当てはまることがある!!>

■自分の力で今の会社を作ってきた自負がある
■自分がもう一人いればといつも思う
■昔から抜群の行動力で結果を出してきた
■何でも思い通りになってきた
■思考も決断も行動も早い
■周りの人からから「凄い!!」と言われている
■自分に対し絶対的な自信がある
■早口で歩くのも早い
■頭が切れると良く言われる
■自分の考えた通りやれば結果はついてくる

■はっきり言って、自分は優秀だ

<でも、最近こんなことを感じている>

■部下に対し、こんな簡単な事がなぜ出来ないのか?と思う
■初めて壁にぶち当たっていると感じる
■人を使い始めてから、フラストレーションがたまっている
■自分と部下の意識、能力のギャップに悩んでいる
■信頼できる部下がいない
■部下に対しては割り切りが生まれているが、納得できていない
■何かを変えないとだめだと漠然と感じている
■会社が自分の思い通りにならなくなってる
■周りから、人がどんどん離れてゆく
■実は孤独で、時々不安になる
■自分の期待通りに会社が成長していない
■家庭に悩みと問題を抱えている

あなたは恐らく自他ともに認める優秀な方だと思います。ですが、優秀だからこそ「ものの見方」「考え方」そして「人の感情」と言う点において「死角」ができることが多々あります。
それは、思考や判断、行動のスピードが速いからなんです。高速で走る車の視界が狭くなるように、周りの景色にある情報が置いてきぼりになります。
経営加速セミナーはそんな経営者・エグゼクティブの方々が多くの気づきを得て、さらに一段階経営を加速していただくためのセミナーです。

<セミナー概要>

①優秀な経営者・エグゼクティブが感じる違和感の正体

②人は「り」では動かない

③過去と他人は変えられないのウソ

④組織のパフォーマンスを決定づける要因

⑤組織のパフォーマンスを劇的に向上させるには?

⑥NO.2の立ち位置

⑦部下の成長を見える化するパーソナルパーの考え方

⑧会社成長力向上の方程式

終了後近くの居酒屋で熱く語る懇親会

<お申込>
http://www.kokuchpro.com/event/5ebc908273cdfb3c995fa32f3bd6ce15/
<日程・会場>
2017年4月27日(木)
秋葉原 ㈱ケープロジェクト セミナールーム
東京都千代田区外神田3-14-3福栄秋葉原ビル8階 
料金:2,000円

<ナビゲーター>

青木 栄明 新潟県長岡市出身 山本五十六さん、櫻井よしこさんの後輩(長岡高校)
明治学院大学法学部卒業後、山水電気、ワコール、コスモ石油で勤務し、おもに営業とマーケティング、コンサルティングセールスとして勤務。
後にファミレスや小売業のマネージャーとして部下育成、アルバイト育成に実績を残す。
特に若者の自主性を伸ばす教育で、店長不在でもレベルの落ちない店舗つくり実現し、400店を超える全国チェーンの中でTOP20以内に4店舗が常時ランクイン。
現在は、プロのビジネスコーチとして企業経営者を対象にしたエグゼクティブコーチングや幹部社員向けのリーダシップ研修を提供しているほか、スポーツ・芸能の分野にもミッション実現のために活動フィールドを広げている。

ICF(国際コーチ連盟)認定ACCコーチ GCS認定プロフェッショナルコーチ。
株式会社プレジャーポケット代表取締役

ミッションは「カッコよい大人を増やすことで子供たちが早く大人になりたい思う社会創りに貢献し、誇りを持てる日本を取り戻すこと」
夢は「義務教育にコーチングを導入する」こと

<著書>「サラリーマン店長が成功するためのパート・アルバイト戦力化マニュアル」

「勇気を与える」

「自分の部下が育たないな」

「なんでこんな事ができないのだろうか?」

部下を持つとそんな風に思う事もよくあると思います。

でも、最近思うんです。

どのくらいその人を「勇気付け」しているか?

勇気を与えているか?

人のパフォーマンスを上げるためには、いろんな働きかけが必要だと思います。

でも、最も有効なのは一歩を踏み出す為の「勇気付け」なのに、日常の中に「勇気付け」が全然足りないんじゃないか?と感じています。

ただし、本当のことを言うと簡単ではありません。

根気と行動の成長を観察する力が必要です。

見返りを求めない勇気、人の成長を心から願う気持ちが必要です。

自分の基準が当たり前ではないという確認がいつも必要です。

その人の成長スピードを認める度量が必要です。

だから、簡単ではありません。

でも、励まし、「勇気付け」をする事で大小に関わらず相手の力になります。

そして、「勇気付け」の積み重ねで関係性が変わり、部下の方は小さいかもしれませんがその人なりの一歩を踏み出そうとします。

お金も手間もかかりません。

だから、やってみる価値は大きいと思います。

「今までもやってみたよ」「変わらなかったよ」という方も一人に対し、一日一回を一ヶ月だけ続けてみてください。

そして些細な行動の変化を認めてあげてください。

その小さな変化の積み重ねがやがて大きな一歩になります。

まずは、自分自身が勇気を持って少しの「勇気を与える事」からやってみませんか‼️

==========================================================
右腕戦力化セミナー
■日時 2016年9月29(木)  19:00~20:30
■会場 銀座アントレサロン1号店 東京都中央区銀座7丁目13番5号 NREG銀座ビル1階  
■アクセス  「東銀座駅」徒歩2分  地下鉄「銀座駅」徒歩5分
■参加費 無料
■申込方法 下記のサイトにアクセスしてお申込みいただくか申し込みフォームに記入の上
FAXをお送りください。  http://www.kokuchpro.com/event/migiude/
■お問合せ coach-no1.pleasure@juno.ocn.ne.jp 
==========================================================

「言葉の力」

興味ない方には恐縮ですが、今日は野球の話。

メジャーリーグ、テキサスレンジャースのダルビッシュ投手は自分のメンタル面に課題があると思っていたそうです。
メジャーでも実績のある打者のベルトラン選手との対話の中でそんな話になったということですが、あのダルビッシュが「メンタルが弱い」と感じているというのは凄く意外でした。

テレビ中継ではそんな風に見えないんですけれどね。

投手はストライクゾーンの四隅を狙って、ボールを投げ分けることで打者を打ち取ろうとします。
その中でも、バッターとの駆け引きの中で重要なのは打者側の内角にストレートを投げるということ。
なぜなら打者の体に近いボールは、一つ間違えばホームランボールになってしまう危険性もあり、下手すると相手にぶつけてしまう可能性があるからです。

でも、内角を攻めて、一回腰を引かせることが出来ると、今度は打者から遠い外角の変化球で打ち取れる可能性が高まります。つまり内角球の残像で打ち取りやすくなるというわけです。

だから、攻めの姿勢を示すことは勝負の駆け引きの中で非常に重要なのです。

しかし、今までダルビッシュは内角を「攻めないといけない」と考えていたそうです。
この考え方は、「攻められない自分がいる」ということを反面認めているということになり、自分に疑念が沸いてしまうそうです。
つまり、自分を信じられないということ。

そうすると、手元がくるって打たれてしまう、なんてことになりがちなんですよね、野球って。

そこで、ベルトランはメジャーの殿堂入りしたかつてのチームメイトである名投手ペドロ・マルチネスの言葉を伝えました。

「私はできる。私は内角を攻めることができる」

これは自分の可能性を信じる言葉で、自分自身に疑念のない言葉です。

この言葉からヒントを得たダルビッシュは次の試合でストレートを内角に有効に使い、快投を演じました。

メンタルへのアプローチがうまくできれば、例え状態が悪くてもパフォーマンスを発揮できる。

これは野球選手だけでなく、私たちにもいかせる考え方です。

「~しなくてはいけない」「~しなければ」

私たちが良く使う言葉です。

知らず知らずのうちに私たちは自分に疑念が生まれる言葉を使っていたんですね。

だから日ごろ使っている疑念の言葉を「~できる」「~やれる」に置き換えてみましょう!!

あなたのパフォーマンスが数段上がるはずです。

==========================================================
右腕戦力化セミナー
■日時 2016年9月29(木)  19:00~20:30
■会場 銀座アントレサロン1号店 東京都中央区銀座7丁目13番5号 NREG銀座ビル1階  
■アクセス  「東銀座駅」徒歩2分  地下鉄「銀座駅」徒歩5分
■参加費 無料
■申込方法 下記のサイトにアクセスしてお申込みいただくか申し込みフォームに記入の上
FAXをお送りください。  http://www.kokuchpro.com/event/migiude/
■お問合せ coach-no1.pleasure@juno.ocn.ne.jp 
==========================================================

「重圧へのアプローチ」

リオデジャネイロオリンピックも終わりましたね。

私は、ちょっぴり祭りの後の様な寂しさと同時に東京オリンピックへの期待感を感じています。皆さんはどうでしょう‼️

ところで今回のオリンピックで誰が一番印象に残っていますか?

私は、五輪4連覇に挑み、惜しくも決勝で敗れてしまった吉田沙保里選手です。

なぜなら、「本当は勝てたはずだ!!」と思うからです。

残念で仕方ありません。

女子レスリングの一日目は、これ以上はないというくらいの凄いスタートを切りました。

最高の結果だったからこそ、2日目の試合に臨む選手には、勢いと同時に重圧も増えたのは、容易に想像がつきます。

そんな中で勢いよりも、重圧と不安を感じていたのが、4連覇という前人未到の記録に挑む吉田沙保里選手だったのではないでしょうか?

しかも今回は、今までオリンピックでいつも彼女を支えていたお父さんの存在がありませんでした。

だから、ディープな心の奥底の部分で「自分の力を信じて戦う」ということが出来なかったのではないかと感じています。

本当は自分の未来を自分で考え、デザインし、決断して行動し、障害を克服して目標にたどり着く、そんなオリンピックになるはずだった。

でも、そうはなりませんでした。

勝負事に「もし」は禁物と言われますが、もし、近くに親密な客観者として支援する私たちのようなコーチがついていたら結果は変わったのではないでしょうか。

人はいろんなプレッシャーにさらされることもあり、冷静さを失いがちです。

時には今まで自分が成し遂げたことを忘れて、メンタルが弱い人間だと思い込んでしまう場合もあります。

しかし、冷静な視点を持って、自分がコントロール出来ること、出来ないこと、事実と解釈を分けて考えるという思考を持てたら重圧にも打ち勝てる。

コーチはゴルフでいうとキャディのようにクライアントの未来を一緒に設計してゆきます。

クライアントが捕らわれているもの、障害になっているものを明確にし、未来に向けてエネルギーをチャージし続けてゆく存在です。

次のオリンピック、日本は史上最高の成績を収めるでしょう。そしてその裏側で、私たちのようなコーチが活躍しているのではないかと思います。

私自身も絶対そこに関わってやろうと思っています。

====================================================================================================================

☆8月27日(土)
「自分をととのえてステップアップ‼
セルフコーチングセミナー」

詳細・お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/…/5e6400d7fe8ddcfff34a3b40544265eb/

☆9月14日(水)
OASIS研修チームセミナー

☆9月24日(土)
セルフコーチングセミナー

☆8月26日(金)
会社経営4倍加速化セミナー
18:00~20:00
会場:秋葉原 ケープロジェクト
セミナールーム
東京都千代田区外神田3-14-3 
福栄秋葉原ビル8階
料金:¥3,000お申し込みはこちらから↓
http://www.kokuchpro.com/event/coach_no10728/74634/

====================================================================================================================

「一年に一度、自分の生き方を確認する日」

今日は終戦記念日です。

私は、一年に一回、自分の生き方を振り帰る日、自分自身を見つめる日にしています。

生きているといろんなことがあります。当然パワーダウンすることも。

でも、忘れてはいけないことは、生きているからこそ、パワーダウンもできるということです。

余裕がない時はそんなことも考えられないかもしれないけれど、私たちは自分次第で「何でもできる」。

できる権利が与えられているし、できる自由がある。

制限をしているのは、他ならぬ「自分」だけです。

だからこそ、自分が自分にかけている箍(たが)を外して命を燃焼したいなと強く思いますし、みんながそんな風に生きられたらといつも思います。

私たちはみんな可能性の塊です。

夢をゴールに変える力があります。

もし、今、自分の可能性が見えなくなっている、停滞感を感じているなら、是非、僕らに会いに来てください。

8月も自分の可能性を再確認できるセミナーを信頼できる仲間たちと一緒にやります。

今年の8月を自分の可能性を再確認するスタート月にしましょう!!

==========================================================

☆8月26日(金)
会社経営4倍加速化セミナー

18:00~20:00
会場:秋葉原 ケープロジェクト
セミナールーム
東京都千代田区外神田3-14-3 
福栄秋葉原ビル8階
料金:¥3,000お申し込みはこちらから↓
http://www.kokuchpro.com/event/coach_no10728/74634/

☆8月27日(土)
「自分をととのえてステップアップ‼
セルフコーチングセミナー」

詳細・お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/…/5e6400d7fe8ddcfff34a3b40544265eb/

☆9月14日(水)
OASIS研修チームセミナー

☆9月24日(土)
セルフコーチングセミナー
==========================================================

「金メダリスト、超一流選手は○○○スト」

メジャーリーグではイチロー選手が3000本安打を達成しました。

オリンピックでも熱い戦いの中、期待通り金メダルを獲った人、取れなかった人がいます。

ここぞというところで自分の持つ最高のパフォーマンスを発揮できるかどうかの違いは何なんでしょう?

イチロー、北島康介、羽生弓弦・・・・。なんか共通点がありませんか?

いろんな考えがあるかと思いますが、私は「ナルシストであること」だと思っています。

ちなみに私が所属しているある経営者の会のTOPは「自分大好き」を公言しています。(メチャクチャ経営者としても活躍していてとても輝いてます!!)

「ナルシスト」というとあまり良いイメージがないかもしれませんが、「ナルシスト」は自分が大好きで自己肯定感が高く、自己信頼感も高い人です。

自分に酔うくらいに自分の事が大好きだから、環境に左右されずに本来の力を発揮できる。

という事は、自分本来の力を発揮できるようになるには「自分大好き」になればいいというわけです。

みなさんはどうでしょう?自己分析をしていただいて、「自分大好き」と言えるでしょうか?

もし、少し弱いな、疑問符が付くなという方がいらっしゃったら、私たちと一緒に「自分大好き人間」になりましょう!!

実は、自己肯定感を上げ、自分大好きになるにはコーチングは持ってこいなんです。

自分を大好きになったら、世界が変わり始めます。環境も、人間関係も、ビジネスも、健康も、そして家族も。

セミナーでお待ちしています!!

==========================================================

☆8月26日(金)
会社経営4倍加速化セミナー

18:00~20:00
会場:秋葉原 ケープロジェクト
セミナールーム
東京都千代田区外神田3-14-3 
福栄秋葉原ビル8階
料金:¥3,000お申し込みはこちらから↓
http://www.kokuchpro.com/event/coach_no10728/74634/

☆8月27日(土)
「自分をととのえてステップアップ‼
セルフコーチングセミナー」

詳細・お申し込みはこちらから
http://www.kokuchpro.com/…/5e6400d7fe8ddcfff34a3b40544265eb/

☆9月14日(水)
OASIS研修チームセミナー

☆9月24日(土)
セルフコーチングセミナー
==========================================================

コーチング的視点で見る「ショーンK」問題

TVでショーンK氏の経歴詐称問題が連日取り上げられている。

経歴を偽って、自分を良く見せて仕事をゲットしたわけだから当然褒められたものではない。

TVは昔の姿を探したり、過去を晒すことに執心だけれど、私の場合仕事柄どうしてそういうことになったのか?を考えてしまう。

コーチング的視点で見るならば「自己受容」が出来ていない人だからなのかなと思う。

「自己受容」とは良いところも悪いところも、ありのままの自分を受け入れるということで、色々あってこそ今の自分が成り立っているという考えだ。

K氏はありのままの自分を受け入れられずに、否定して違う自分を演じているわけだから、ある意味悲しい人なのだと思う。

だって、自分が自分を受け入れなかったら、表現は適当ではないかもしれないが自傷行為をしているのと同じだから。

自分で自分を否定したり、苦しくしたりしているわけだから、自分がかわいそうだ。

恐らく、偽りの外観に中身を追い付かせようとして相当努力もしたはずなのに、いつも後ろめたい気持ちがあったのではないかということは容易に想像できる。

ただし、これはショーンK氏が特別ではなく、自分を良く見せたいと思う気持ちは誰にでもある。

かく言う私にもあった。

私もいい年になるまで、実は触れたくない過去があった。それは小学校4年生の時の話だ。

簡単に言うと「ドラえもんのジャイアン」をもっと酷くしたような小学生でクラス全員から嫌われていたのだ。

具体的に何をやったのかということはほとんど覚えていないのだが(都合が悪いことは記憶から消すんだな)相当ひどかったと思う。

今でも出来る事なら、その時のクラスメイトに一人一人謝りたいくらいだから。

私は親と担任教師の話の結果、環境を変える方が良いということになって転校することになったのだが、最終日に私の人生を変える出来事が起こる。

私が転校するということを担任が告げるとなんと拍手喝さいが起こったのだ。一人一人顔を見るとすごくうれしそうな表情をしている。

物凄くショックだった。

だって普通は拍手喝さいって人から称えられる時に、誇らしい気分でもらうものでしょ?

私の場合は全く正反対だったから物凄いインパクトがあった。もちろん、自業自得で当然の結果だったから仕方ないのだが、衝撃度はメガトン級だった。

だから私は転校を機に自分を変えようと一大決心し、別人になった。いや、なる努力をした。

そんな努力のかいあって、今そんな話をすると「想像つかないね」なんて言ってもらえるようになったが、しばらくは自分を語る時にその話題を出すことはできなかった。

それは、意識的に変化させてきた今までの自分が根底から否定されるような気がしたから。

その話ができるようになったのは、ここ数年の事。自分がコーチになって、しかもコーチングを受けるようになってから。

コーチというのは、人の成長を促進する仕事だから、自分と向き合える自己基盤ができていないと説得力もなくなるし、信頼性もなくなる。

自分を偽って苦しく生きるより、ありのままの自分を出せる方がはるかに人からは魅力的に見えるということに気づいてもらうよう促す立場だから、自らがお手本を示せないと矛盾してしまう。

後になってみて、とんでもない仕事を始めたものだな(笑)としみじみ思った。

でも素晴らしい仕事だと思っているし、これこそが自分の人生をかけるべき仕事だとも思っている。

こんな風に思えたのも、小学校4年の時の出来事があるからだ。

当時のクラスメイトいは大変申し訳ないが、自分にとって必要な経験だったのではないかとすら思えるようになった。

だから、コーチングは素晴らしいものだと思っているし、たくさんの人に知ってもらい、体験してもらいたいと思っている。

もしあなたの周りで、コーチと名乗る人がいて、好感の持てる、信頼のできる人なら、是非一度コーチングを受けてみてほしい。

きっとあなたの人生が変わるはずだから。

コーチング的視点で見る「社長の仕事と時間」・・・・時間泥棒は何?

経営を加速するにはまず「社長のパフォーマンス」を上げることが最重要である。
なぜなら、どれだけ「社長の仕事」をするかで将来的な成果に大きな差が出てくるからだ。

社長は忙しい、時間がいくらあっても足りないくらい。
でも、「本当にそうなのか?」は一歩引いて考えてみる必要がある。

本当に「社長がすべき仕事」で忙しいのか?それとも、本当は外注できるのか?部下に任せられないことなのか?
私がコーチングをしているクライアントは経営者が大半であるが、忙殺の正体をひも解いてゆくと、社長が重要でない緊急の仕事に振り回されている実態が浮き彫りになる。

自分でやった方がお金もかからない、簡単だし、早く、精度も高く、結果も出る。
でも、いつまでもそれに捕らわれていると、会社の基盤を拡大してゆく大切な時間が失われてしまう。

結果として自分がコントロールできないような外的環境の変化があった時に、会社の屋台骨が揺らいでしまう。
そうなったら、手遅れだ。
良い時こそ、次の一手を打つことを考えてゆかないと変化に対応できないのだ。

そのくらい世界の変化速度が速くなっている。

もし、あなたが時間に忙殺されていて、「やらなくてはいけないことがあるんだけど、やりたいことがあるんだけど・・・・」と思っていたら、それに取り組める環境を作ることをお勧めする。

コーチングの中で良くやるワークなのだが、例えば、縦軸に緊急性が高い、低い、横軸に重要度が高い、低いというマトリクスを作って、今自分の抱えている仕事、やりたい仕事、やるべき仕事を分類するワークに取り組んでみる。
できれば細かく具体的に作業レベルまで分解して。

例えば、「マーケティング」ではなく、目的、方法、から具体的なデザイン打ち合わせ、スケジュール決め、告知、対応まで分解してプロットしてゆく。

次に緊急性が高く、絶対自分がやるべきこと、任せられること、捨てられることに分けてゆく。

そうすると開けるべき時間が見えてくる。

その時間こそパフォーマンスを上げるための重要な時間になるはず。

あなたの時間泥棒は何?